« 地は揺れて心も揺るる春なれど見上ぐる空に満開の花 | トップページ | 春の夜の風吹き抜くるホームには急ぎ足にて行く人もなし »

2011年4月13日

水嵩の増しゆく川を見下ろして菜の花は常に風に揺れゐる

Rape blossoms are trembling / In the spring breeze / River has risen a little


Wl110413

天気がよかった割には、あまり暖かいという気にはなれない一日だった。夕方の風は肌寒いほど。空気が乾燥しているからかもしれない。

このところずっと余震が活発化していたが、今日は昨日ほどには揺れない。少しは収まりつつあるようだ。

土手の菜の花が風に揺れている。川の水が増してきた。もうすぐ田植えの時期だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 地は揺れて心も揺るる春なれど見上ぐる空に満開の花 | トップページ | 春の夜の風吹き抜くるホームには急ぎ足にて行く人もなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水嵩の増しゆく川を見下ろして菜の花は常に風に揺れゐる:

« 地は揺れて心も揺るる春なれど見上ぐる空に満開の花 | トップページ | 春の夜の風吹き抜くるホームには急ぎ足にて行く人もなし »