« 被災地に訪ぬれば君の笑顔あり心つながる友にしあれば | トップページ | 幾度も行きつ戻りつする春に水仙は今冬を見送る »

2011年4月 3日

忘れたきことあるをすら忘れ果てただ眺めゐる木蓮の花

Looked up white magnolias / Forgetting we have too many things / To forget as soon as possible


Wl110403

今日は昨日とは一転して、日の射さない寒い一日になった。昨日は十七度まで気温が上がったのに、今日は八度までしか上がらなかったという。

春になったり冬に戻ったりの繰り返しがずっと続いているが、全体としてはやはり少しずつ春に向かっている。写真はハクモクレンの花。

肉厚で白い花は、開花したときにあられなどにあたってしまうと、そこが茶色く傷んでしまうが、今年は降っても雨が多いかから、きれいなままだ。眺めていると、一時は原発のことも忘れてしまう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 被災地に訪ぬれば君の笑顔あり心つながる友にしあれば | トップページ | 幾度も行きつ戻りつする春に水仙は今冬を見送る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れたきことあるをすら忘れ果てただ眺めゐる木蓮の花:

« 被災地に訪ぬれば君の笑顔あり心つながる友にしあれば | トップページ | 幾度も行きつ戻りつする春に水仙は今冬を見送る »