« 蒲公英は揺るる大地の中にゐて何を見しよりかくも咲けるや | トップページ | 春なれば続く余震も気にかけずマーガレットは満開に咲く »

2011年4月21日

新緑の様々の濃さ映り込む水面に魚の跳ねる音響く

Reflection of fresh green / Sound of fish's jump / On the surface of abundant water


Wl110421

季節が一ヶ月ほど逆戻りしたような肌寒さである。徳島に出張した十九日に、既に肌寒さを感じてはいたが、あれは山の中に入ったからだと思っていた。しかし、本当に肌寒い陽気になっていたのだと、今日になってしみじみわかった。

今月末頃から田植えは始まるだろうが、まだ少し早い。とはいえ、田植えのための水はしっかりと湛えられている。近所の岡堰の水面が広がっている。

ちょっと前まで桜の花が水面に映っていたが、今は新緑の季節だ。色々な濃さの新緑が広がっている。その色の映り込む水面に、時々魚の跳ねる音が響く。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 蒲公英は揺るる大地の中にゐて何を見しよりかくも咲けるや | トップページ | 春なれば続く余震も気にかけずマーガレットは満開に咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の様々の濃さ映り込む水面に魚の跳ねる音響く:

« 蒲公英は揺るる大地の中にゐて何を見しよりかくも咲けるや | トップページ | 春なれば続く余震も気にかけずマーガレットは満開に咲く »