« 通り雨過ぎてなほ湧く夏雲の余震の知らせ今日も止まざり | トップページ | 一様に風になびきて揺るる苗の合間に波は流れ行くなり »

2011年5月15日

神霊を招ぐてふ香り黄心樹 (をがたま) の花は開きて夏は来にけり

Ogatama blossoms calls / Divine spirits with their flavor / On this early summer day


Wl110515

オガタマという木と、カラタネオガタマという木がある。どちらもモクレン科の植物で、「オガタマ」 という名称が共通しているが、オガタマは樹高が二十メートルぐらいの大木になるが、カラタネオガタマはせいぜい三~五メートルにしかならないので、生け垣などにも使われる。

この写真はカラタネオガタマの方だが、あまり区別せずにオガタマと呼ばれているようだ。モクレン科だけに、小さいがきれいな花が咲く。そしてバナナのような芳香がある。あまり高くならず、背丈ぐらいのところに花が咲くので、匂いも嗅ぎやすい。

オガタマというのは 「招霊 (おぎたま)」 が語源だそうで、神木として神社の境内に植えられたり、榊の代用として使われたりするという。漢字では「小賀玉」 や 「黄心樹」 などと書く。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 通り雨過ぎてなほ湧く夏雲の余震の知らせ今日も止まざり | トップページ | 一様に風になびきて揺るる苗の合間に波は流れ行くなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神霊を招ぐてふ香り黄心樹 (をがたま) の花は開きて夏は来にけり:

« 通り雨過ぎてなほ湧く夏雲の余震の知らせ今日も止まざり | トップページ | 一様に風になびきて揺るる苗の合間に波は流れ行くなり »