« 濃き影を地面に落とし咲く薔薇の紅きを人に伝へむとぞする | トップページ | 望むもの一つも持たぬ我を未だ見限り難く眺めゐる鯉 »

2011年5月20日

車輪梅は小さき花を次々に咲かせ夏への道を開けり

Little white blossoms of sharimbai / Bloomed in succession / To show this year's route to summer


Wl110520

今年もシャリンバイの花が咲いた。毎年バラの咲く時期になると、シャリンバイも待ちかねたように咲く。両方ともバラ科ではあるが、様子は全然違う。

このシャリンバイは、我が家の長女が子どもの頃に近所で拾ってきた棒っきれを地面に突き刺していたら、勝手に根が生えて育ってしまったものだ。なかなかの生命力である。それからずっと 「これは一体何の木だろう」 と思っていたところ、近所にきた植木屋さんが 「シャリンバイだよ」 と教えてくれた。

シャリンバイは漢字では 「車輪梅」 と書く。枝の分岐する様子が車輪のスポークのようだというのがその由来というのだが、これに関しては 「ふぅん、そうかなあ」 と思うばかりである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 濃き影を地面に落とし咲く薔薇の紅きを人に伝へむとぞする | トップページ | 望むもの一つも持たぬ我を未だ見限り難く眺めゐる鯉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車輪梅は小さき花を次々に咲かせ夏への道を開けり:

« 濃き影を地面に落とし咲く薔薇の紅きを人に伝へむとぞする | トップページ | 望むもの一つも持たぬ我を未だ見限り難く眺めゐる鯉 »