« ただ一輪咲きて力の尽きてのちなほ紅きまま地に残る薔薇 | トップページ | 梅雨入りと聞きて時折霧のごと降る雨の下花菖蒲咲く »

2011年5月26日

紫陽花の花芽の未だ白ければ梅雨の兆しに気付かざるふり

Pretend being unaware / Of  sign of rainy season / Hydrangea buds are still too young


Wl110526

今日はまだ晴れ間が見えたが、明日から週明け頃まではずっとぐずついた天気になるらしい。いくらなんでも梅雨入りには早すぎると思っていたが、なんと、中国、四国、近畿地方の梅雨入りが発表されてしまった。関東も近く梅雨入りしてしまうかもしれない。

我が家の裏の空き地のアジサイの蕾が膨らみ始めた。まだまだ小さいが、季節は確実に梅雨に向かっていると感じさせる。

それにしても、近頃は本当に天候が極端である。つい先日まで春先の肌寒さだったのに、もう梅雨だ。そのことについては、あまり深く考えないようにしよう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ただ一輪咲きて力の尽きてのちなほ紅きまま地に残る薔薇 | トップページ | 梅雨入りと聞きて時折霧のごと降る雨の下花菖蒲咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花の花芽の未だ白ければ梅雨の兆しに気付かざるふり:

« ただ一輪咲きて力の尽きてのちなほ紅きまま地に残る薔薇 | トップページ | 梅雨入りと聞きて時折霧のごと降る雨の下花菖蒲咲く »