« 紫陽花の花芽の未だ白ければ梅雨の兆しに気付かざるふり | トップページ | 重だるき雲辛うじて浮かびゐてわけもなく声を潜めゐるなり »

2011年5月27日

梅雨入りと聞きて時折霧のごと降る雨の下花菖蒲咲く

Beginning of the rainy season / Irises look shiny / In a slight shower


Wl110527

関東甲信越地方は、今日で梅雨に入ったのだそうである。ずいぶん早い梅雨入り発表だが、もう一つのブログで書いたように、気象庁のグッド・ジョブだと思う。

今日訪問した庭先に、ハナショウブの花がきれいに咲いていた。いや、ハナショウブだかアヤメだかカキツバタだか区別が付かなかったのだが、後で調べたら花びらに黄色の模様のあるのがハナショウブとあるので、ハナショウブということにしておく。

ややこしいことに、アヤメもショウブも漢字では 「菖蒲」 と書き、英語ではアヤメもハナショウブも "iris" というらしい。

梅雨入り発表はあったものの、今日は時折ぱらっとしか降らなかった。雨は明日からが本番だという。台風も近づいてきているし。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 紫陽花の花芽の未だ白ければ梅雨の兆しに気付かざるふり | トップページ | 重だるき雲辛うじて浮かびゐてわけもなく声を潜めゐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りと聞きて時折霧のごと降る雨の下花菖蒲咲く:

« 紫陽花の花芽の未だ白ければ梅雨の兆しに気付かざるふり | トップページ | 重だるき雲辛うじて浮かびゐてわけもなく声を潜めゐるなり »