« 赤き薔薇の似合ふ土地にもあらざるに今年も赤き薔薇は咲きたり | トップページ | 車輪梅は小さき花を次々に咲かせ夏への道を開けり »

2011年5月19日

濃き影を地面に落とし咲く薔薇の紅きを人に伝へむとぞする

Trying to express hue of the rose / That drops its deep shadow / On the early summer ground


Wl110519

昨日は咲き方のやや中途半端だったバラだが、今日は見事にゴージャスな姿を見せてくれた。

今日はかなり暖かく、完全にTシャツ一枚の季節になった。先月までの天候不順が嘘のようだ。明るくすがすがしい初夏の日差しである。これで余震さえなければ、天国だ。

大震災以後の電力不足云々で、日本の社会も早くから 「クールビズ」 で行くことになったようだが、電車に乗るとまだスーツにネクタイ姿でふうふう言っている 「大人」 が目立つ。

国会をみれば、スーツ姿から単にネクタイを取っただけなので、「今、塀の中から出てきました」 といった風情のおじさんたちが多い。どうして涼しそうなシャツ姿で仕事ができないんだろう。

このバラの散る頃には夏が深まり、梅雨になっているのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 赤き薔薇の似合ふ土地にもあらざるに今年も赤き薔薇は咲きたり | トップページ | 車輪梅は小さき花を次々に咲かせ夏への道を開けり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濃き影を地面に落とし咲く薔薇の紅きを人に伝へむとぞする:

« 赤き薔薇の似合ふ土地にもあらざるに今年も赤き薔薇は咲きたり | トップページ | 車輪梅は小さき花を次々に咲かせ夏への道を開けり »