« 紅白に萌ゆる躑躅の咲き出でてはや夏空の広がるを知る | トップページ | 舗装路の下で液状化は進むらむ沈む道路の水溜まり深し »

2011年5月 9日

歩けどもなほ歩けども対岸で姿の見えぬ行々子啼く

Walking with persistent chirps / Of reed warblers / On the opposite bank


Wl110509

写真は我が家の裏を流れる川である。映っているのは鴨が二羽だが、向こう岸の葦の茂みから聞こえてくるのは、オオヨシキリの騒々しい鳴き声。

葦の中でキリキリと鳴くから 「ヨシキリ」 というのだろう。とてもわかりやすい命名だ。

オオヨシキリは、「行々子」 と書いて 「ぎょうぎょうし」 ともいう。仰々しい鳴き声だからかもしれない。

夏である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 紅白に萌ゆる躑躅の咲き出でてはや夏空の広がるを知る | トップページ | 舗装路の下で液状化は進むらむ沈む道路の水溜まり深し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩けどもなほ歩けども対岸で姿の見えぬ行々子啼く:

« 紅白に萌ゆる躑躅の咲き出でてはや夏空の広がるを知る | トップページ | 舗装路の下で液状化は進むらむ沈む道路の水溜まり深し »