« 微小なる水滴のただ梅雨空と地の隙を吹く風に漂ふ | トップページ | 梅の実の葉陰に隠れ膨らめばそを揺らす風の吹き初めしなり »

2011年6月28日

マジョラムの香りに蜂は酔ふらむか羽音の満つる戸口明るし

Front yard is filled / With the hum of bees / Attracted by scent of marjoram


Wl110628

我が家の玄関先に植えているハーブ、マジョラムが花盛りになってきた。花盛りといっても、ピンクがかった紫の小さな花が風に揺れているだけなのだが、蜂たちにとっては十分にご馳走のようなのである。

今日は天気がいいので、蜂たちが集まる。よく見ると、何匹も花の周りでぶんぶん飛び回っている。

この写真は、iPhone で撮った。iPhone は光学望遠機能がないから、思い切り近づいて撮ったのである。こんなに近づいても、蜂は蜜を吸うのに夢中で、こちらにはお構いなしだった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 微小なる水滴のただ梅雨空と地の隙を吹く風に漂ふ | トップページ | 梅の実の葉陰に隠れ膨らめばそを揺らす風の吹き初めしなり »

コメント

怖え======!!!!

私は蜂アレルギーですものを・・・

でも、
この短歌が良くてよくて
すばらしいですね~~~~

>羽音の満つる戸口明るし

すご~~~い!
いいですね~~~~~~!!!!!!!!

この短歌どの言葉も、まとをえています。
(最近は的を射るというそうですが、やな言葉ですね)

投稿: tokiko68 | 2011年6月28日 20時54分

tokiko68 さん:

ありがとうございます。

実は 「酔ふらむか」 の部分は初め 「寄り来たり」 にしたかったんですが、敢えて冒険してみました。

「羽音の満つる戸口明るし」 は、自分でも気に入っています。

投稿: tak | 2011年7月 1日 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジョラムの香りに蜂は酔ふらむか羽音の満つる戸口明るし:

« 微小なる水滴のただ梅雨空と地の隙を吹く風に漂ふ | トップページ | 梅の実の葉陰に隠れ膨らめばそを揺らす風の吹き初めしなり »