« 花散りて久しき桜ひたすらに人目かまはぬ緑のみなり | トップページ | 微小なる水滴のただ梅雨空と地の隙を吹く風に漂ふ »

2011年6月26日

風の道に熱を逃がしてこの夏をただ穏やかに乗り切らむとす

Trying to ride over the hot summer / With a little circulator / That blows the heat away


Wl110626

昨日と今日は結構涼しいが、その前までの二~三日は、まだ六月だというのに猛暑だった。その猛暑の中で、自宅で缶詰になって仕事をしていた。

暑いことは暑いが、今年は意地でもエアコンのスイッチを入れずに過ごしている。夏は暑いものだと諦めれば、なんとか我慢できる物だ。

二十二日の記事でも書いたように、サーキュレーターを活用して、室内で熱の逃げ道を作ってやっている。パソコンから排出される熱さえうまく逃がしてやれば、死ぬほどの暑さというわけじゃない。

今年はできるだけエアコンを使わずに乗り切るつもりである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 花散りて久しき桜ひたすらに人目かまはぬ緑のみなり | トップページ | 微小なる水滴のただ梅雨空と地の隙を吹く風に漂ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の道に熱を逃がしてこの夏をただ穏やかに乗り切らむとす:

« 花散りて久しき桜ひたすらに人目かまはぬ緑のみなり | トップページ | 微小なる水滴のただ梅雨空と地の隙を吹く風に漂ふ »