« マジョラムの香りに蜂は酔ふらむか羽音の満つる戸口明るし | トップページ | 梅雨の夜の空気を振るはせ雷鳴の轟くを父は病室で聞くらむ »

2011年6月29日

梅の実の葉陰に隠れ膨らめばそを揺らす風の吹き初めしなり

Wind began to blow / To swing green ume fruits / Among the similar tinted leaves


Wl110629

今日もまた、頭がぼうっとなるほどの暑い一日だった。もしかしたら昨年の二〇一一年を境に、夏の最高気温は三十五度前後が普通ということに決まってしまったのかもしれない。

そして今年からはさらに、それが七月の声を聞く前に出現するまでにレベルアップしてしまったのかもしれない。下手すると、来年あたりは最高気温四十度というのが普通に出現し始めるかもしれない。それを考えると恐ろしい。

それでも今年は、エアコンのスイッチを入れずにがんばっている。電力使用のピーク時以外に節電しても意味がないという指摘もあるが、こうして体を熱さに慣らさなければ、我慢というのはできないだろうと思う。

庭の梅の木に実がなっているのを発見した。我が家の梅は遅咲きということでもわかるように、あまり体力がない。急に肥料をたくさんやりすぎてもいけないだろうから、手をこまねいていて、そんなこんなで、実もあまりたくさんはならない。

去年はほとんど実がならなかったので、今年は少しはなるだろうと思っていたところ、ようやく見つけた。梅の実は葉と同じような色なので、なかなか発見しづらい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« マジョラムの香りに蜂は酔ふらむか羽音の満つる戸口明るし | トップページ | 梅雨の夜の空気を振るはせ雷鳴の轟くを父は病室で聞くらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅の実の葉陰に隠れ膨らめばそを揺らす風の吹き初めしなり:

« マジョラムの香りに蜂は酔ふらむか羽音の満つる戸口明るし | トップページ | 梅雨の夜の空気を振るはせ雷鳴の轟くを父は病室で聞くらむ »