« 川沿いに吹く風のうちに夏至の日の熱を逃がして生き延びにけり | トップページ | 暑き日に鳴き休みゐし牛蛙黄昏となるも未だ鳴かざり »

2011年6月23日

行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ

Daily life beyond reflection / Of the blue sky / On a wide flow of the river


Wl110623

もうすっかり真夏の様相である。朝のうちは少し涼しいような気がしていたが、午後になって真夏の日差しになり、我が家の寒暖計は三十二度を指した。まだ六月の最終週に入っていないのに。もちろん、梅雨明け宣言も出ていないのに。

ちょっと事務用品の買い物に出て、小貝川の橋を渡ると、川面が真夏の海のような色で輝いている。もちろん、真っ青な空を映しているのだ。やれやれ、今年も暑い夏になるのだろうか。

そういえば今日、向こう三ヶ月の予報が出て、関東は平年並か暑い夏になるという。ただ三ヶ月予報というのはかなり外れる。逆に聞いている方がいいという説もある。せいぜい平年並程度で推移してくれないかなあ。

ちなみに、今日もエアコンのスイッチは入れなかった。今年は節電で乗り切るつもりである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 川沿いに吹く風のうちに夏至の日の熱を逃がして生き延びにけり | トップページ | 暑き日に鳴き休みゐし牛蛙黄昏となるも未だ鳴かざり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ:

« 川沿いに吹く風のうちに夏至の日の熱を逃がして生き延びにけり | トップページ | 暑き日に鳴き休みゐし牛蛙黄昏となるも未だ鳴かざり »