« 一つ知れば二つ忘るる花の名を一夏かけて覚えむとぞする | トップページ | 雲間より日差しもなきにどくだみは不意に静かに広がりて咲く »

2011年6月13日

紫陽花の煙れる雨に咲きぬれば水の天使と呼ばれたりしも

In the faint rain / They may see aqua angel / In the humid beauty of hydrangea


Wl110613

我が家の裏の空き地で、アジサイが咲き始めた。ほかのアジサイよりはかなり小さめで、色合いも地味なのだが、それはそれでおもむきがある。

アジサイを英語で hydorangea (ハイドレインジャ) という。「水のアンジェ」 である。「アンジェ」 といえば "angel" (天使) と関係あるのかと思って調べたら、"angelica" (アンゼリカ) というのがみつかった。その名の通り、ヨーロッパでは 「天使のハーブ」 ということになっているらしい。

どんな植物かというと、こんな のである。なるほど、アジサイに似ている。これにちなんで、アジサイを hydrangea と読んだ気持ちがよくわかる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 一つ知れば二つ忘るる花の名を一夏かけて覚えむとぞする | トップページ | 雲間より日差しもなきにどくだみは不意に静かに広がりて咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花の煙れる雨に咲きぬれば水の天使と呼ばれたりしも:

« 一つ知れば二つ忘るる花の名を一夏かけて覚えむとぞする | トップページ | 雲間より日差しもなきにどくだみは不意に静かに広がりて咲く »