« 夕立にしとどに濡れて光りゐる駅前を人は走り過ぎ去る | トップページ | 行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ »

2011年6月22日

川沿いに吹く風のうちに夏至の日の熱を逃がして生き延びにけり

Releasing the summer solstice heat / In the whole day wind / That blows along the stream


Wl110622

夏至。いつもの夏至は梅雨空が多いが、今年はまるで真夏のような夏至。

気温は各地で軒並み三十度を超えたという。今日は私は自宅で缶詰になって仕事をしていたが、居間の寒暖計は三十三度を指していた。

それでも、意地でもエアコンのスイッチを入れず、サーキュレーター二台でパソコンから出る熱を逃がす道を作ってやると、なんとかしのげる。

昨年までエアコンを点けても死にそうに暑かったのは、ひたすらパソコンから排出される熱のせいであったと実感する。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夕立にしとどに濡れて光りゐる駅前を人は走り過ぎ去る | トップページ | 行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川沿いに吹く風のうちに夏至の日の熱を逃がして生き延びにけり:

« 夕立にしとどに濡れて光りゐる駅前を人は走り過ぎ去る | トップページ | 行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ »