« 行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ | トップページ | 花散りて久しき桜ひたすらに人目かまはぬ緑のみなり »

2011年6月24日

暑き日に鳴き休みゐし牛蛙黄昏となるも未だ鳴かざり

Bullfrogs took a rest from mooing / In the hot daytime / Are not back even in twilight


Wl110624

我が家の裏手は川の土手になっていて、ウシガエルが何匹も棲みついている。もう慣れっこになってうるさいとも感じなくなったが、春から秋にかけてかなり大きな声で 「モウ、モウ」 と鳴く。一日中鳴くのである。

ところがこのところの暑さにはさすがにまいったようで、朝の九時頃から、あの地の底から響くような鳴き声が聞こえなくなった。お休みを取らないと体がもたないのだろう。

そして、日が暮れていくらか涼しくなったのに、まだ鳴かない。相当暑さ負けしてしまってたのだろうか。カエルの世界も、なかなか大変なようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ | トップページ | 花散りて久しき桜ひたすらに人目かまはぬ緑のみなり »

コメント

あっはっはっは
牛蛙さん
お疲れさま~~~
お大事に~~~


投稿: tokiko68 | 2011年6月26日 18時40分

tokiko68 さん:

ウシガエルって、声はすれどもなかなかご対面することが難しい動物です。

まだ2度しかお目にかかったことがありません。

投稿: tak | 2011年6月26日 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑き日に鳴き休みゐし牛蛙黄昏となるも未だ鳴かざり:

« 行く川の広き水面に青空の映るを越えて日々の暮らしよ | トップページ | 花散りて久しき桜ひたすらに人目かまはぬ緑のみなり »