« 梅雨明けて三日の朝の立葵てつぺんまでは未だ咲かざり | トップページ | 炎天に熔けてわずかに声のみとなりてもさらに昇る雲雀よ »

2011年7月13日

遠くにて鳴るエンジンの音に似る蜂の羽音の満つる我が庭

Happiness is hum of bees / Fill my back yard / Just like distant roar of engines


Wl110713

我が家の庭は、クリーピングタイムというハーブがほぼびっしりと生えている。「クリーピング」 (はいずり回る) という名前の通り、あまり高く成長せずに横に広がるタイプのタイムだ。

芝生は手がかかりすぎるので、このクリーピングタイムを芝生代わりにしているのだが、なかなか野趣があっていい。そのクリーピングタイムが今、白い小さな花を満開に咲かせている。

その花に蜂が群がってきている。庭に出ると遠くで暴走族のバイクがエンジンを轟かせているような音が聞こえるが、実はそれは我が家の庭に群がる蜂の羽音なのだ。

蜂が群がっているなどというと、さも恐ろしげに聞こえるかもしれないが、蜂としても蜜を吸うのに忙しくて人間の相手などしている暇がないから、不意に踏みつけようとしたりしなければ、幸せに共存できる。幸せな羽音である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 梅雨明けて三日の朝の立葵てつぺんまでは未だ咲かざり | トップページ | 炎天に熔けてわずかに声のみとなりてもさらに昇る雲雀よ »

コメント

すばらしい~
そんなに遠くにもバイクの音のように聞こえるなんて。
すてきね。

言っておきます。

蜂こわい。涙


投稿: tokiko68 | 2011年7月14日 09時52分

tokiko68 さん:

興奮しちゃったスズメバチとかは別として、私は普通のミツバチとは、なかなかいい関係を築いています。

かわいいですよ。

投稿: tak | 2011年7月15日 19時38分

前、住んでいました地方では
時々、2階の窓から外をみると
くまんばちが、ずっとホバリングしてるんですよ。
きゃ!
窓は絶対開けませんでした。
ふふ


投稿: tokiko68 | 2011年7月16日 12時50分

tokiko68 さん:

クマンバチのホバリングとは、そりゃまたすごい!

投稿: tak | 2011年7月17日 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠くにて鳴るエンジンの音に似る蜂の羽音の満つる我が庭:

« 梅雨明けて三日の朝の立葵てつぺんまでは未だ咲かざり | トップページ | 炎天に熔けてわずかに声のみとなりてもさらに昇る雲雀よ »