« 我が父のいつ死ぬとても満足と言ひつつ生くる逆説の幸 | トップページ | 夏の朝の青田の彼方自転車で海を目指して行く我を見る »

2011年7月 2日

日は射せど朝の雨をうつすらと濡れ残したるきのこぞ白き

Though the sun has come / A mushroom is white / With the rest of raindrops


Wl110702

今日おじゃました会社の駐車場にキノコが生えていた。朝方の霧雨に濡れたまま、ほっそりとしている。写真に撮って帰宅して図鑑で調べてみると、どうやらツルタケという種類のようだ。

「どうやら」 というのは、確証がもてないからで、他にも似たような似てないようなのがいっぱいあって、よくわからないのである。まあ、ここはとりあえずツルタケということにしておこう。

ツルタケのとなりにはドクダミが咲いていた。なんだかお似合いの取り合わせだった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 我が父のいつ死ぬとても満足と言ひつつ生くる逆説の幸 | トップページ | 夏の朝の青田の彼方自転車で海を目指して行く我を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日は射せど朝の雨をうつすらと濡れ残したるきのこぞ白き:

« 我が父のいつ死ぬとても満足と言ひつつ生くる逆説の幸 | トップページ | 夏の朝の青田の彼方自転車で海を目指して行く我を見る »