« 水面には広がる雲の映りゐて秋の香りのする誕生日 | トップページ | 六本の糸張り替えて甦るギターを鳴らし日は暮れにけり »

2011年7月27日

白鷺の立つ道を人も通り過ぐ日の真上より射す夏の昼

White heron stands still on the road / At noon on a summer day / The sun is right overhead


Wl110727

近頃、白鷺を写していない。一時はこんな具合に、かなり白鷺の姿を撮っていたのだが、近頃はさっぱりだった。

それは多分、最近はコンパクト・デジタルカメラを持ち歩くことがなくなって、もっぱら iPhone のカメラで済ませているからだろう。iPhone のカメラは光学望遠が効かないので、遠くにいる鷺を大きく写せない。

今日撮った写真も、この程度である。もう少し近づこうと思ったが、あっという間に飛び去られてしまった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 水面には広がる雲の映りゐて秋の香りのする誕生日 | トップページ | 六本の糸張り替えて甦るギターを鳴らし日は暮れにけり »

コメント

こんにちは!
tak-shonaiさん、この写真の白鷺は
かわいいですね~
こちらにも、たまに外を歩くと1羽ほど
遊んでいます。
50年ほど前、
ある地方に引越したとき
電車に乗って外をみると、田や畑には
白鷺が大群のように飛び交ったり
田をつついたりしていましたが
同じ電車に最近乗ったところ、
周りはすべて家やビルが建て込んで
ただの1羽も見つかりませんでしたよ。
かなちいね・・・・涙


投稿: tokiko68 | 2011年8月 1日 15時39分

tokiko68 さん:

白鷺は朱鷺と違って、なかなかしぶとく生き残っていますが、それでも環境が変わりすぎたらどうしようもないですね。

投稿: tak | 2011年8月 1日 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鷺の立つ道を人も通り過ぐ日の真上より射す夏の昼:

« 水面には広がる雲の映りゐて秋の香りのする誕生日 | トップページ | 六本の糸張り替えて甦るギターを鳴らし日は暮れにけり »