« 空覆ふ雲居の際の毛羽立ちて野分の来ると知る昼下がり | トップページ | 川面には細かき波紋と緩やかなる波の交互に見ゆる不可思議 »

2011年7月19日

遙かなる野分より来る黒雲の落とす雨こそ世を冷やすなれ

Dark clouds generated distant typhoon / Cool the burning world / Poring rain all day long


Wl110719

台風六号の影響で、朝から断続的に大雨が降っている。空が雲に覆われているので、あの強烈な太陽が隠されて、気温は三十度に届かなかった。

写真は今日の昼過ぎに銀行に行った時に取手駅前で撮った空である。分厚い雲が流れている。

台風の動きが遅すぎるので、明後日の秋田出張が少し心配だ。東北北部への影響は小さいようだが、関東を抜けるまでの交通がどうなるかわからない。

もし明後日の朝に影響が出そうだったら、前夜のうちに出発ということも考えておこう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 空覆ふ雲居の際の毛羽立ちて野分の来ると知る昼下がり | トップページ | 川面には細かき波紋と緩やかなる波の交互に見ゆる不可思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遙かなる野分より来る黒雲の落とす雨こそ世を冷やすなれ:

« 空覆ふ雲居の際の毛羽立ちて野分の来ると知る昼下がり | トップページ | 川面には細かき波紋と緩やかなる波の交互に見ゆる不可思議 »