« 日は射せど朝の雨をうつすらと濡れ残したるきのこぞ白き | トップページ | 夕凪となりても川の真中には波収まらぬ道のありけり »

2011年7月 3日

夏の朝の青田の彼方自転車で海を目指して行く我を見る

Far beyond the summer rice field / I see myself going to the beach / by an old bicycle


Wl110703

昨日は雑節のひとつ 「半夏生」 という日だった。上方では半夏生にはタコを食べる習慣があるという。夏至を過ぎ、半夏生ともなると、田んぼの稲もずいぶん青々と生い茂ってくる。

田植えが終わってからしばらくは苗の間がスカスカで、青空が映り込んでいたが、今はもうすっかり田の表面が覆われてしまった。真夏の色である。

梅雨がまだ明けないのに、こんな景色を見ると夏休みの朝の景色のような気がする。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 日は射せど朝の雨をうつすらと濡れ残したるきのこぞ白き | トップページ | 夕凪となりても川の真中には波収まらぬ道のありけり »

コメント

こんばんは~
taku-shonaiさん!!!
この短歌
だああ~~~~~い好き!!!!!
すごくいいな~~~~
気分が出てる~~~~~!!!!!
あの少年だったころのtaku-shonaiさんです!

この写真もすてき!!!

投稿: tokiko68 | 2011年7月 4日 20時24分

tokiko68 さん:

ありがとうございます。

これ、多くの人の意識の中に潜む記憶と気分かもしれませんね。

投稿: tak | 2011年7月 8日 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の朝の青田の彼方自転車で海を目指して行く我を見る:

« 日は射せど朝の雨をうつすらと濡れ残したるきのこぞ白き | トップページ | 夕凪となりても川の真中には波収まらぬ道のありけり »