« 山百合の六輪咲きて道を行く子の視線まで頭垂れゐる | トップページ | 昼下がり木槿の白き花越しの水色の空に筋雲流る »

2011年7月31日

特別の年の不思議の夏にある得体の知れぬ時間感覚

Unindentifiable sense of time / Of the strange summer / In this special year


Wl110731

新潟の豪雨はようやく峠を越したようだ。梅雨末期の大雨以上の戻り梅雨だった。

ふと気付くと、まだ七月である。もう夏が終わりかけているのかと思ったが、まだ八月にもなっていないのである。特別な年の不思議な時間感覚である。

夏をもう一度やり直さなければいけないのだろうか。それとも、晩夏と初秋の長い長い境目を過ごしていけばいいのだろうか。

関東の空はまだ曇っている。八月の声を聞いて、少し夏が戻るようだが、なんだかまともな夏ではなさそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 山百合の六輪咲きて道を行く子の視線まで頭垂れゐる | トップページ | 昼下がり木槿の白き花越しの水色の空に筋雲流る »

コメント

tak-shonaiさんこんにちは~
ほんとうに変な、不思議な、世界の異常です。
いったいぜんたい、どうなっているんでせう。

投稿: tokiko68 | 2011年8月 1日 15時28分

tokiko68 さん:

何月何日で何曜日だか、おぼろげになっちゃいます ^^;)

投稿: tak | 2011年8月 1日 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別の年の不思議の夏にある得体の知れぬ時間感覚:

« 山百合の六輪咲きて道を行く子の視線まで頭垂れゐる | トップページ | 昼下がり木槿の白き花越しの水色の空に筋雲流る »