« 雲一つなき夏空に白日夢の三文字熔けて終点の駅 | トップページ | 迫り来る野分の雨の間隙を満たして赤き西瓜は光る »

2011年8月31日

台風の遅き歩みよ青空を時折映し波立たぬ川

A  typhoon is coming so slowly / River often reflects the blue sky / On the calm surface


Wl110831

台風十二号の影響が心配だ。相変わらず動きが遅く、明後日の午後になってもまだ、日本の南海上にいるという予報だ。その後に一日かかって日本列島を横切るらしい。

今のところ、紀伊半島に上陸して若狭湾に抜けると予測されていて、だとすると、大阪直撃である。この台風はかなり大型なので、関東でもかなりの風雨になるだろう。

今日のところはまだ静かだ。我が家の裏の川も波はなく、時折のぞく青空が映り込んでいる。なんだか不思議な光景にもみえる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 雲一つなき夏空に白日夢の三文字熔けて終点の駅 | トップページ | 迫り来る野分の雨の間隙を満たして赤き西瓜は光る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の遅き歩みよ青空を時折映し波立たぬ川:

« 雲一つなき夏空に白日夢の三文字熔けて終点の駅 | トップページ | 迫り来る野分の雨の間隙を満たして赤き西瓜は光る »