« 七日を少しも長く生きむとて公園の灯に夜蝉啼くなり | トップページ | 助手席のカサブランカの芳香にむせて透明ガラスの花瓶 »

2011年8月11日

巨大なる入道雲とそを染めて沈む入り日が世間てふもの

Huge thunderhead / And the setting sun / Reflect the world of people


Wl110811

茨城県全域に大雨洪水雷警報が出っぱなしなのだが、つくば周辺では天も降らなければ雷の音も聞こえないまま日が暮れた。夜の八時頃になったら、急に風が涼しくなった。

写真は夕方五時頃の空の様子。遠くに巨大な入道雲が盛り上がって、夕日に染まっている。確かにいつ雷が来ても不思議じゃない光景だが、まだ来ない。

暑さは今日がピークだったらしいが、明日になってもそんなにはっきりした下り坂にはならないらしい。しばらくは暑いままの状態が続くという。お盆過ぎから仕事で旅の空になるので、少しは秋風が吹き始めて欲しいなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 七日を少しも長く生きむとて公園の灯に夜蝉啼くなり | トップページ | 助手席のカサブランカの芳香にむせて透明ガラスの花瓶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大なる入道雲とそを染めて沈む入り日が世間てふもの:

« 七日を少しも長く生きむとて公園の灯に夜蝉啼くなり | トップページ | 助手席のカサブランカの芳香にむせて透明ガラスの花瓶 »