« 雨止めば宵の宇治川に漕ぎ出さむと鵜飼の船に人は乗り込む | トップページ | 木槿とは秋の花なり前線の北に咲きゐて色こそ映れ »

2011年8月19日

都より遥かに望む駿河なる富士の流れの静まるを待つ

Waiting for stop of the heavy rain / In the Fuji river area / With the Shinkansen train


1313752509611.jpg

京都滞在中、雨が降ったのは昨日の夕刻だけで、後は全然降らなかったので、仕事には全く差し支えなかったが、帰路、静岡県内の集中豪雨で新幹線がストップしてしまった。

何だか電光表示板に出てるので、新幹線改札にいた駅員に新幹線は止まってるのかと聞いたら、「どっち方面ですか?」と言う。

「東京方面です」というと、「それなら止まってません」と、彼は答えた。

ところが、新幹線ホームに上ってみると、10分前に出たはずの便が止まってるじゃないか。あの駅員、ずいぶん寝ぼけてる。

結局、30分遅れで品川に到着。東京駅のホームが満杯かもしれないので、品川で下車した。まあ、それほど遅くならずに済んで、結果オーライだが、あの駅員さん、大丈夫かなあ。

写真は京都駅に止まりっぱなしの、のぞみ号の鼻先である。行く手がそんなに集中豪雨になっているようには、見えなかったがなあ。

|

« 雨止めば宵の宇治川に漕ぎ出さむと鵜飼の船に人は乗り込む | トップページ | 木槿とは秋の花なり前線の北に咲きゐて色こそ映れ »

コメント

のぞみ号の先端の写真は
なんだか、水族館の中のナポレオンという魚に
似ていました
不思議なアングルです~~うふふ・・

そうでしたか、
ずっとさきの地方の豪雨で止まってるなんて
どこぞのお国にも
聞かせてやりたいですね。
でも
あの駅員さんは、
ちょっと心配ですけど・・

投稿: tokiko68 | 2011年8月21日 10時59分

tokiko68 さん:

>のぞみ号の先端の写真は
>なんだか、水族館の中のナポレオンという魚に
>似ていました

どれどれと、Google で画像検索してみました。
なるほど、なるほど ^^;)

>ずっとさきの地方の豪雨で止まってるなんて

豪雨はずっと先でも、その間の各駅に止まってますから、物理的に動けないんですよ。

中国だったら、強行突破しちゃうかもしれませんが。

投稿: tak | 2011年8月21日 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都より遥かに望む駿河なる富士の流れの静まるを待つ:

« 雨止めば宵の宇治川に漕ぎ出さむと鵜飼の船に人は乗り込む | トップページ | 木槿とは秋の花なり前線の北に咲きゐて色こそ映れ »