« 巨大なる入道雲とそを染めて沈む入り日が世間てふもの | トップページ | 蝉の声降り注ぐ中に音もなく色のみ残し蝶は舞ひ飛ぶ »

2011年8月12日

助手席のカサブランカの芳香にむせて透明ガラスの花瓶

Entranced by the fragrance / Of casa blanca at the passenger seat / Got a transparent glass vase


Wl110812

今日はお盆前の仕事の仕上げ。出先で西瓜や梨や水ようかんなど、いろいろなものをごちそうになって、仕事だかなんだわからない日だった。

最後に顔を出したところでいただいたのが、百合の花。カサブランカという品種の白百合だ。車の助手席に積んで帰る間、むせかえるほどの芳香だった。

透明ガラスの花瓶に生けて玄関の棚に置いた。大きな白い花が二輪咲いていて、まだ開いていない蕾がいくつもある。先の楽しみはまだ長い。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 巨大なる入道雲とそを染めて沈む入り日が世間てふもの | トップページ | 蝉の声降り注ぐ中に音もなく色のみ残し蝶は舞ひ飛ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 助手席のカサブランカの芳香にむせて透明ガラスの花瓶:

« 巨大なる入道雲とそを染めて沈む入り日が世間てふもの | トップページ | 蝉の声降り注ぐ中に音もなく色のみ残し蝶は舞ひ飛ぶ »