« 愛宕山隧道抜くる向ふには江戸の景色も今は見えざり | トップページ | 彼方にて鳴く蝉あれば此方でもしんしんと鳴く日暮れてもなほ »

2011年8月 3日

夕焼けとならずに沈む太陽の夏の雲居の際に熔け行く

The sun is setting / Without making sunset glow / Just melting into the clouds


Wl110803

今日は晴れたり曇ったり雨が降ったり、風が吹いたり凪いだり、まあ、何でもありの天気だった。めまぐるしいことである。

写真は夕暮れ近い小貝川の様子。岡堰に貯まった水に、地平線に向かう太陽が映っている。

太陽も雲に隠れながら沈むので、形が明確でない。今年の夏そのものが、明確でないので、こんなものなのかもしれない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 愛宕山隧道抜くる向ふには江戸の景色も今は見えざり | トップページ | 彼方にて鳴く蝉あれば此方でもしんしんと鳴く日暮れてもなほ »

コメント

この英訳は
私でもよく解ったのでうれしいな~~

実際、夕焼けのない夕暮れがあるんでしたっけね。
忘れてました。
そうか~~


投稿: tokiko68 | 2011年8月 7日 18時53分

>夏の雲居の際に熔け行く

なんて、
かっこいい~~~~

投稿: tokiko68 | 2011年8月 7日 18時55分

tokiko68 さん:

英語 haiku は、なかなか自由で楽しいです。

投稿: tak | 2011年8月 7日 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けとならずに沈む太陽の夏の雲居の際に熔け行く:

« 愛宕山隧道抜くる向ふには江戸の景色も今は見えざり | トップページ | 彼方にて鳴く蝉あれば此方でもしんしんと鳴く日暮れてもなほ »