« 山上に立つ天守閣を瀬戸内の四百年の風が吹き抜く | トップページ | 黒胡椒まぶし尽くして艶を消し目玉焼き食ふ白き皿にて »

2011年9月15日

白鷺は足先のみを水につけ秋の流れを大股に行く

A white heron walks with long stride / Bathing its feet / Through the autumn stream


Wl110915

松山から帰ってみると、裏の川の水量がますます減っていて、川の真ん中あたりでも、白鷺の脚の先の方しか水に隠れていない。

今日あたりはかなり厳しい残暑で、日向を歩くと頭がぼうっとするほどだったが、この景色を見ると 「秋の歌」 というカテゴリーにしたくなる。

日中の蝉の声もツクツクホウシだけになったし、日が暮れる前から庭で虫が鳴きだす。田の稲刈りもかなり進んできた。週末になれば涼しくなるようだし、秋の気配も深まるだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 山上に立つ天守閣を瀬戸内の四百年の風が吹き抜く | トップページ | 黒胡椒まぶし尽くして艶を消し目玉焼き食ふ白き皿にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鷺は足先のみを水につけ秋の流れを大股に行く:

« 山上に立つ天守閣を瀬戸内の四百年の風が吹き抜く | トップページ | 黒胡椒まぶし尽くして艶を消し目玉焼き食ふ白き皿にて »