« わが父の光のうちに旅立てば悲しまずただ手を合はすのみ | トップページ | 喪中てふ電光サイン立ちたれば三々五々の焼香の人 »

2011年10月17日

ふるさとに生きたる父を見送りてふるさとの山紅く萌え初む

Old home mountains / Began to get autumn tints / Saying farewell to my Father


Wl111017a

父の死で帰郷している。写真は月山越えの光景。

今月十二日に帰郷したときには、紅葉はまだまだだったが、今日はだんだん色づき始めていた。

今日はこれにて失礼。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« わが父の光のうちに旅立てば悲しまずただ手を合はすのみ | トップページ | 喪中てふ電光サイン立ちたれば三々五々の焼香の人 »

コメント

庄内、しばらくは好天が続くようです。良かった。


幼き日 父と一緒に ハイキング 木々美しく 色変える頃


数年前亡くなった私の父は、私が子どもの頃、遊びにはほとんど付き合いませんでしたが、何故か紅葉狩りだけは毎年連れていってくれるものでした。

訃報を受け、様々な想いに浸っています。

気温は高くないですので、風邪などお召しになられませんよう。

投稿: shun | 2011年10月18日 22時19分

shun さん:

ありがとうございます。

父の思い出というのは、なぜか断片的ですね。
ただ、その断片が妙に懐かしくありがたい。

投稿: tak | 2011年10月19日 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるさとに生きたる父を見送りてふるさとの山紅く萌え初む:

« わが父の光のうちに旅立てば悲しまずただ手を合はすのみ | トップページ | 喪中てふ電光サイン立ちたれば三々五々の焼香の人 »