« 猫のゐぬ家にはただの風に揺るるゑのころぐさでしかなき草よ | トップページ | テーブルの蜜柑の蒼き宵の口LEDの真直ぐの光 »

2011年10月12日

僅かにも赤みを帯びて山肌は白き浮き雲支へゐたりき

Turning slightly reddish / Mountains lift white clouds / Up to the autumn sky


Wl111012

今日は娘三人を連れて、酒田に日帰りドライブした。病床の父を見舞うためである。酒田に日帰りドライブしたのは、今月三日に続いて二度目。朝から晩までの十二時間の運転は、決して楽な仕事ではない。

途中の道は、木々はうっすらと色付いてはいたが、まだ本格的な紅葉には遠い。ただ、奥羽山脈と月山の、二度の山越えでは、山の上の方が紅くなっていた。空気はひんやりとして完全に秋の気配。

帰路は夕方五時を過ぎるとすっかり日が暮れて、秋の夜長である。山越えをする時には外気温は十二度ぐらいまで下がっていた。最低気温はかなり低くなることだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 猫のゐぬ家にはただの風に揺るるゑのころぐさでしかなき草よ | トップページ | テーブルの蜜柑の蒼き宵の口LEDの真直ぐの光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僅かにも赤みを帯びて山肌は白き浮き雲支へゐたりき:

« 猫のゐぬ家にはただの風に揺るるゑのころぐさでしかなき草よ | トップページ | テーブルの蜜柑の蒼き宵の口LEDの真直ぐの光 »