« 寒風の吹きたれどここは九州にてみかんの山の減らぬテーブル | トップページ | 冷え冷えとした風吹けば世の中の秋といふ字の消えてゆくなり »

2011年11月22日

紅葉葉に結びし夜露日を浴びて流るれど地に落つることなし

Night dew drops on the maple leaves / Never fall down to the earth / In the morning sunshine


Wl111122

今朝の北九州は、結構な冷え込みだった。気温的には十九日の網走と同じぐらいである。

ところが、北海道の人は 「暖かい、妙に暖かい」 といぶかしがり、九州では人は 「寒い、寒い」 と肩をすくめる。同じ気温で、感じ方がまるで違う。

九州の紅葉は夜露を宿し、朝日に輝いていた。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 寒風の吹きたれどここは九州にてみかんの山の減らぬテーブル | トップページ | 冷え冷えとした風吹けば世の中の秋といふ字の消えてゆくなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉葉に結びし夜露日を浴びて流るれど地に落つることなし:

« 寒風の吹きたれどここは九州にてみかんの山の減らぬテーブル | トップページ | 冷え冷えとした風吹けば世の中の秋といふ字の消えてゆくなり »