« 降り積もる落ち葉の色の浮世絵の色に重なり秋は深まる | トップページ | 夜更けても肩をすぼむるほどの風吹かず人らのかろき足取り »

2011年11月13日

平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり

Reading novels written in the Meiji Era / With the electronic device / In the Heisei era autumn


Wl111113

iPad で電子本というのを読んでいる。とりあえずは、i文庫HD というアプリケーションで、無料の本を読んでいる。著者が亡くなって五十年以上経ち、著作権がフリーになった小説というのがかなりあって、その多くが無料で読めるのだ。

今、漱石の 『三四郎』 を改めて読んでいる。この小説を初めて読んだのは中学一年の頃だったはずだ。あの頃と比べれば、こちらもよほどいろいろなことが分かってきたので、少しは深く読めるだろう。

というわけでなかなかおもしろく、止められない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 降り積もる落ち葉の色の浮世絵の色に重なり秋は深まる | トップページ | 夜更けても肩をすぼむるほどの風吹かず人らのかろき足取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり:

« 降り積もる落ち葉の色の浮世絵の色に重なり秋は深まる | トップページ | 夜更けても肩をすぼむるほどの風吹かず人らのかろき足取り »