« 秋深み日ごとに落ちて減る柿の色を求めて鳥の飛び来る | トップページ | 口元を常に動かし見つめゐる兎の世界は揺れてゐるらむ »

2011年11月 6日

秋深み干て現れし川底に足跡残し鴨は去りたり

I found wild ducks left here / To see only their footprints / On the bed of the autumn river


Wl111106

秋が深まって、我が家の裏手を流れる川の水量もだいぶ減ってきている。水が減って露出した川底に、鴨たちの足跡が残されている。

足跡ばかりで、鴨の姿は見えない。このところずっとこの辺りで遊んでいた一群が、どこかに移動してしまったようだ。経験からすると、そのうちまた戻ってくる。

戻るのがいつになるかわからないが、気長に待つことにしよう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 秋深み日ごとに落ちて減る柿の色を求めて鳥の飛び来る | トップページ | 口元を常に動かし見つめゐる兎の世界は揺れてゐるらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋深み干て現れし川底に足跡残し鴨は去りたり:

« 秋深み日ごとに落ちて減る柿の色を求めて鳥の飛び来る | トップページ | 口元を常に動かし見つめゐる兎の世界は揺れてゐるらむ »