« 平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり | トップページ | 青鷺は姿に似合はぬぎやあといふ声を残して飛び去りにけり »

2011年11月14日

夜更けても肩をすぼむるほどの風吹かず人らのかろき足取り

Evening wind is not too cold / To make people hunch their shoulders / Steps are light and easy


1321271339886.jpg

今日も暖かい一日だった。酒田で納骨式を終えて戻ってきた日の、あの寒さは一体何だったんだ。

都心での打ち合わせ会議を終えて取手駅に戻ってきても、夜の空気は冷んやりとはしていない。街灯の灯りも、冷え冷えとしたひかりではなく、何やらぼうっとしている。

電車から吐き出された人たちは、軽い足取りでそれぞれの家路につく。肩をすくめるほどの風は吹いていない。


|

« 平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり | トップページ | 青鷺は姿に似合はぬぎやあといふ声を残して飛び去りにけり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜更けても肩をすぼむるほどの風吹かず人らのかろき足取り:

« 平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり | トップページ | 青鷺は姿に似合はぬぎやあといふ声を残して飛び去りにけり »