« 晩秋の薄の穂から茎に垂るる雨の滴のわずかに光る | トップページ | 平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり »

2011年11月12日

降り積もる落ち葉の色の浮世絵の色に重なり秋は深まる

Tinges of scattered leaves / Remind me of Japanese woodblock prints / Autumn is going on


Wl111112

今日は昨日ほどの寒さにはならず、きもちのいい秋の一日だった。こんな日が多くあると、秋というのはいいものだと思う。

地面をみると、落ち葉が降り積もっている。山の中ばかりでなく、平地でも紅葉の落葉は結構多い。

秋というのは、かなり色彩的に豊かな季節である。しかもそれが原色ではないのがいい。歌舞伎の定式幕や、浮世絵に使われる色合いである。一見派手なように見えるが、実は渋い。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 晩秋の薄の穂から茎に垂るる雨の滴のわずかに光る | トップページ | 平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降り積もる落ち葉の色の浮世絵の色に重なり秋は深まる:

« 晩秋の薄の穂から茎に垂るる雨の滴のわずかに光る | トップページ | 平成の秋に明治の小説を電子の文字で読み進むなり »