« 雲晴れて地球の影を映しゐる三日月ほどの月を見るなり | トップページ | フリースのキャップを耳まで深く被りエアコンを忘れキーボード打つ »

2011年12月11日

天頂の月食を見て明くる日の沈む冬陽の大いなるかな

The next day of  the lunar eclipse / Seen at the zenith / How great the setting sun is!


Wl111211

昨夜の月食は見事なもので、昨日の和歌日記に載せた三日月まがいのような写真の何倍も素晴らしい皆既月食が見られたが、まともな写真が撮れなかったのが残念である。

皆既月食の夜が明けて、今日は穏やかな冬の日だった。写真はつくばの野に暮れてゆく夕日。地平線近くにあると、太陽も月もとても大きく見える。

夕べの月食は天頂付近にあったから、とても小さく見えたが、沈む陽はとても大きい。写真に撮ってもこんなに大きく見えるのは、輝きが地上付近の水蒸気を含んだ空気中で乱反射しているからだろうか。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 雲晴れて地球の影を映しゐる三日月ほどの月を見るなり | トップページ | フリースのキャップを耳まで深く被りエアコンを忘れキーボード打つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天頂の月食を見て明くる日の沈む冬陽の大いなるかな:

« 雲晴れて地球の影を映しゐる三日月ほどの月を見るなり | トップページ | フリースのキャップを耳まで深く被りエアコンを忘れキーボード打つ »