« 北風に京都タワーの白く立つ都の空は変わらざりけり | トップページ | 夕焼けの赤き雲居に富士の嶺の影こそ黒く燃えて立つなれ »

2012年2月17日

雪雲の去りたる京の蒼空に三千首めの歌を捧げん

Here's to the blue sky of Kyoto / After the snow clouds have gone / With my verse of the three thousand times


1329478665892.jpg

実は、今日の歌は和歌ログを始めてからちょうど三千首目である。一日も欠かさず詠み続けているから、三千日目ということでもある。

ちょうど京都から帰る時に、三千首目にふさわしい青空になったので、この写真にした。

|

« 北風に京都タワーの白く立つ都の空は変わらざりけり | トップページ | 夕焼けの赤き雲居に富士の嶺の影こそ黒く燃えて立つなれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪雲の去りたる京の蒼空に三千首めの歌を捧げん:

« 北風に京都タワーの白く立つ都の空は変わらざりけり | トップページ | 夕焼けの赤き雲居に富士の嶺の影こそ黒く燃えて立つなれ »