« 伊豆の海に沈む夕日の行先を望む能はず名古屋に着きぬ | トップページ | ともすれば雪の形で落ち来るを雨として受くる坂東の春 »

2012年2月13日

ぽつぽつと降り始めたる雨を残し新幹線はひむがしに滑る

The shinkansen train began to slide / To the east / Leaving the slight rain in Nagoya


Wl120213

名古屋から帰ってきた。三時頃まで辛うじて空がもって、仕事が終わってからぽつりぽつりと降り出した。今回もギリギリで影響はなし。

写真は名古屋駅前の様子。雨が降り出しているが、道路が光るほどじゃない。ただ、風はものすごく冷たかった。関東に帰ったら、日は暮れているのにむしろ暖かく感じた。

名古屋というところは、よくよく夏暑く、冬寒い土地柄である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 伊豆の海に沈む夕日の行先を望む能はず名古屋に着きぬ | トップページ | ともすれば雪の形で落ち来るを雨として受くる坂東の春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぽつぽつと降り始めたる雨を残し新幹線はひむがしに滑る:

« 伊豆の海に沈む夕日の行先を望む能はず名古屋に着きぬ | トップページ | ともすれば雪の形で落ち来るを雨として受くる坂東の春 »