« 寒風の霞ヶ浦に沈み行く夕日に染まる雲の二切れ | トップページ | 風ゆるみ寒さの底といふものの抜けて初めてありたりと知る »

2012年2月10日

青空に春の顔なる綿雲の浮かびて深き息をつきたり

I took a deep breath / Looking up clouds of spring expression / Against the blue sky


Wl120210

今日はかなり暖かく感じた。銀行と取手駅に行く時、車の窓を開けて走ったほどだ。

写真は駅ビルの駐車場から線路を見下ろしたところ。青空に浮かぶ雲が、春っぽい。

まだ当分、最高気温が一桁台、最低気温が氷点下という日が続くようだが、一時の最高気温が二度とか三度とかいう状態からは脱しつつあるようだ。

二月後半になったら、梅の便りが聞こえてきてもいい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 寒風の霞ヶ浦に沈み行く夕日に染まる雲の二切れ | トップページ | 風ゆるみ寒さの底といふものの抜けて初めてありたりと知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空に春の顔なる綿雲の浮かびて深き息をつきたり:

« 寒風の霞ヶ浦に沈み行く夕日に染まる雲の二切れ | トップページ | 風ゆるみ寒さの底といふものの抜けて初めてありたりと知る »