« 青空に春の顔なる綿雲の浮かびて深き息をつきたり | トップページ | 伊豆の海に沈む夕日の行先を望む能はず名古屋に着きぬ »

2012年2月11日

風ゆるみ寒さの底といふものの抜けて初めてありたりと知る

Feeling we have just passed / Through the bottom of coldness / The north wind was eased


Wl120211

今日は建国記念の日。祝日だが私は休みじゃない。自営業の定めである。

日中はかなりいい天気だったが、風が冷たかった。日が暮れると気温は下がったはずだが、風が収まって、体感温度としては帰って暖かくなったような気がする。

天気予報をみると、本格的な春は遠いようだが、寒さの底は辛うじて抜けたような気がする。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 青空に春の顔なる綿雲の浮かびて深き息をつきたり | トップページ | 伊豆の海に沈む夕日の行先を望む能はず名古屋に着きぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風ゆるみ寒さの底といふものの抜けて初めてありたりと知る:

« 青空に春の顔なる綿雲の浮かびて深き息をつきたり | トップページ | 伊豆の海に沈む夕日の行先を望む能はず名古屋に着きぬ »