« 朝凪の鏡のごとき川面には重たき雲の襞まで映る | トップページ | 寒風の霞ヶ浦に沈み行く夕日に染まる雲の二切れ »

2012年2月 8日

坂東の雲居の限り見渡せどさほど彼方に飛ばぬ心よ

Though looking over the clouds / Of the Bando area / My heart flies not so far


Wl120208

関東平野の東の方に住んでいると、本当に空が広く見える。それに、東京の多摩地区や栃木、群馬辺りとも違って、近くに高い山がないので、見渡すと 「地平線もどき」 が見える。

「地平線もどき」 というのは、本当の地平線ではないからだ。関東平野とはいえ、この辺りは台地が入り組んでいるので、よく見るとでこぼこだらけだ。決して平らな線ではない。

今日は昼前から晴れるとの予報だったのに、結局最後までどんよりとした雲に覆われていた。明日からはまた冬晴れで冷え込むらしい。立春過ぎても冬晴れでマイナス五度まで冷え込むというのが、今年のすごいところである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 朝凪の鏡のごとき川面には重たき雲の襞まで映る | トップページ | 寒風の霞ヶ浦に沈み行く夕日に染まる雲の二切れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂東の雲居の限り見渡せどさほど彼方に飛ばぬ心よ:

« 朝凪の鏡のごとき川面には重たき雲の襞まで映る | トップページ | 寒風の霞ヶ浦に沈み行く夕日に染まる雲の二切れ »