« ぽつぽつと降り始めたる雨を残し新幹線はひむがしに滑る | トップページ | 順番に様々の鳥鳴く声を水に溶かして川は流るる »

2012年2月14日

ともすれば雪の形で落ち来るを雨として受くる坂東の春

Having rain  / Not as the form of snow / In the Bando area


Wl120214

バレンタインデーの今日、朝からどんよりした曇り空で、昼前から雨が降り出した。午後になるとかなり本格的に降って、家の前の道路際は下水口に向かう雨水が、結構な流れになった。

これでもっと気温が低かったら、関東人にパニックを引き起す雪になったところだ。雪にならずにまともな雨になるのは、さすがに立春過ぎということだ。

明日は晴れて、最高気温が二桁になるが、明後日からはまた冷え込んでしまうらしい。本当の春はまだまだ先だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ぽつぽつと降り始めたる雨を残し新幹線はひむがしに滑る | トップページ | 順番に様々の鳥鳴く声を水に溶かして川は流るる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ともすれば雪の形で落ち来るを雨として受くる坂東の春:

« ぽつぽつと降り始めたる雨を残し新幹線はひむがしに滑る | トップページ | 順番に様々の鳥鳴く声を水に溶かして川は流るる »