« あまたある梅の蕾の二つ三つ弾くるのみにて街は色付く | トップページ | 空に立つツリーてふ名のテレビ塔の立つ空染むる春色薄し »

2012年2月27日

波の立つ川面を照らし硬質の赤みの薄き日は沈み行く

The sun set is so crisp / With less reddish tone / Beyond the wavy river


Wl120227

今日の日付をみて、「あれ、明後日からもう三月か?」 と思ったが、今年はオリンピックがあって閏年だから、二月は二十九日まであるんだった。

写真は小貝川の向こう岸に沈んでいく夕日。強風で川面には波が立っている。この夕日が沈んで日が変わっても、二月はまだ二日残っているのだ。

天気予報によると、この辺りの明日の明け方の最低気温はマイナス五度、最高気温はプラス五度にしかならない。明後日以降は最高気温が二桁になるようだが、まだまだ寒の戻りが来る。

ああ、早く春風に吹かれたいなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« あまたある梅の蕾の二つ三つ弾くるのみにて街は色付く | トップページ | 空に立つツリーてふ名のテレビ塔の立つ空染むる春色薄し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波の立つ川面を照らし硬質の赤みの薄き日は沈み行く:

« あまたある梅の蕾の二つ三つ弾くるのみにて街は色付く | トップページ | 空に立つツリーてふ名のテレビ塔の立つ空染むる春色薄し »