« 揺れたりといふ記憶のみ残りゐて天気のことは覚えなきなり | トップページ | 北風の吹き渡る里で待ちきれず咲き始めたる犬ふぐりかな »

2012年3月12日

寒風が息切れもせず吹く下で律儀に顔を出す蕗の薹


1331570407091.jpg

我が家の裏の土手際に、フキノトウが顔を出した。この姿を見ると、春が来たと思う。

しかし、今日は真冬に戻ったような北風だった。朝、風の音がするので、春一番かと思ったが、外に出ると凍えるような北風だった。

昨年秋からの寒波が、まるで息切れせずまだ続いていることには、驚く他ない。

|

« 揺れたりといふ記憶のみ残りゐて天気のことは覚えなきなり | トップページ | 北風の吹き渡る里で待ちきれず咲き始めたる犬ふぐりかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒風が息切れもせず吹く下で律儀に顔を出す蕗の薹:

« 揺れたりといふ記憶のみ残りゐて天気のことは覚えなきなり | トップページ | 北風の吹き渡る里で待ちきれず咲き始めたる犬ふぐりかな »