« 山肌の木々の根元に解け残る雪の白さのみちのくを行く | トップページ | 暖かき春の嵐の後に吹く北風受けてカレーを食す »

2012年3月30日

春の日の高速道路をひた走りサービスエリアに夕闇迫る


Wl120330

今日、遅くなって自宅に帰ってきた。仙台での仕事が終わってから、酒田の実家により、昨年六月に父が入院して以来、ずっと実家にいた妹を迎えに行ったのである。

妹が身一つなら、鉄道で自宅に帰ればいいだけの話だが、ペットのウサギまで一緒にいたので、車でなければ移動できず、大雪に積もっている間は動けなかったのだ。

今回、東北の高速道路無料化が終了する直前に移動して、妹は東京の自宅に帰ることができた。これからは、酒田の実家をどうお守りするかが問題である。

写真は夕暮れの高速道のサービスエリア。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 山肌の木々の根元に解け残る雪の白さのみちのくを行く | トップページ | 暖かき春の嵐の後に吹く北風受けてカレーを食す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の日の高速道路をひた走りサービスエリアに夕闇迫る:

« 山肌の木々の根元に解け残る雪の白さのみちのくを行く | トップページ | 暖かき春の嵐の後に吹く北風受けてカレーを食す »