« 遠くまで続く電柱は雨に煙り一本ごとに霞み行くなり | トップページ | この年の彼岸の入りの寒風の収まりてなほ梅は開かず »

2012年3月18日

精霊の日の雨に濡れ常の葉のほのかに光りゐる車輪梅


Wl120318

今日は 「精霊の日」 なんだそうだ。柿本人麻呂、小野小町、和泉式部の三人の命日ということで、そうなっている。しかし、それはどうみても怪しいことで、とはいえ、怪しいからこそおもしろい。これについては、今日の "Today's Crack" で論じている。

「精霊の日」 というにふさわしい天気で、午前中はどんよりとした曇り空で、夕方前には雨になった。我が家の裏のシャリンバイの葉は、雨に濡れて光っていた。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 遠くまで続く電柱は雨に煙り一本ごとに霞み行くなり | トップページ | この年の彼岸の入りの寒風の収まりてなほ梅は開かず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精霊の日の雨に濡れ常の葉のほのかに光りゐる車輪梅:

« 遠くまで続く電柱は雨に煙り一本ごとに霞み行くなり | トップページ | この年の彼岸の入りの寒風の収まりてなほ梅は開かず »