« 土手を埋むる蓮の台に座りゐる仏の座てふ紫の花 | トップページ | 雨を呼ぶ風吹き来たり草も葉もやはらかとなる彼岸過ぎの日 »

2012年3月21日

春の日の暮れて冷気の去り際の身を切る風の渡る家路よ

Cold winds on the way home / At the moment that / Chilly air leaves Japan Islands


Wl120321

彼岸を過ぎて天気がいいと、日が長くなったのを如実に感じる。今日は午後六時頃まで十分に明るかった。

写真は午後九時過ぎの上野駅常磐線快速電車のホーム。さすがにとっぷりと暮れて、風が冷たくなり始めた頃だ。十時過ぎに取手駅に着いた頃は、体感的には真冬の風に戻っていた。

明日はまともに春らしい日になるらしい。楽しみである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 土手を埋むる蓮の台に座りゐる仏の座てふ紫の花 | トップページ | 雨を呼ぶ風吹き来たり草も葉もやはらかとなる彼岸過ぎの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の日の暮れて冷気の去り際の身を切る風の渡る家路よ:

« 土手を埋むる蓮の台に座りゐる仏の座てふ紫の花 | トップページ | 雨を呼ぶ風吹き来たり草も葉もやはらかとなる彼岸過ぎの日 »