« 火の国の元を治むる神の宮に湧き出づる水豊かなりけり | トップページ | 寒風が息切れもせず吹く下で律儀に顔を出す蕗の薹 »

2012年3月11日

揺れたりといふ記憶のみ残りゐて天気のことは覚えなきなり

The only memory is trembling earth / Can't remember the weather / Of today last year 


Wl120311

三月十一日。あの震災から一年経った。もう忘れたいという思いと、まだ終わらない処理に立ち向かわなければという思いが交錯している。

あの日は、この大地が揺れに揺れたのである。大地が揺れただけでなく、海が押し寄せた。さらに原発がダウンして、今に至るまで放射性物質を漏らし続けている。忘れようにも、まだまだ問題が生々しすぎる。

あの日はどんな天気だったか、とんと忘れてしまった。少なくとも雨は降っていなかったように思う。とすれば、こんなような空だったのだろうか。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 火の国の元を治むる神の宮に湧き出づる水豊かなりけり | トップページ | 寒風が息切れもせず吹く下で律儀に顔を出す蕗の薹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揺れたりといふ記憶のみ残りゐて天気のことは覚えなきなり:

« 火の国の元を治むる神の宮に湧き出づる水豊かなりけり | トップページ | 寒風が息切れもせず吹く下で律儀に顔を出す蕗の薹 »