« 土手腹に青草の増し行くほどに春の嵐ぞ来たり吹くらむ | トップページ | 春雷の通り過ぎたるわが宿の梅は次なる春を待つらむ »

2012年4月 3日

折れそうに風に揺れてもなほ折れぬ篠竹は大粒の雨を吸ひ込む

Small and thin bamboo / Never be broken even in the storm / Absorbing heavy rain


Wl120403

朝から強風で、「今からこんなでは、ピークの夕方にはどんなになるんだ」 と思っていたが、昼頃に一時的に風が止んだ。

そして、三時過ぎから再び風が強まりだして、今はまた家が揺れるほどの風になっている。ピークは夕方過ぎから九時頃までだというから、もう余計な外出はするまい。今日は東京都心に用事がない日でよかった。

川岸の篠竹が折れそうに揺れているが、折れてしまわないのがさすがだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 土手腹に青草の増し行くほどに春の嵐ぞ来たり吹くらむ | トップページ | 春雷の通り過ぎたるわが宿の梅は次なる春を待つらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折れそうに風に揺れてもなほ折れぬ篠竹は大粒の雨を吸ひ込む:

« 土手腹に青草の増し行くほどに春の嵐ぞ来たり吹くらむ | トップページ | 春雷の通り過ぎたるわが宿の梅は次なる春を待つらむ »