« 業厚き娑婆より出でて立ちこめし黒雲は今日晴れむとするか | トップページ | 大空を映して青き海原が去年(こぞ)の弥生のあの海なりとは »

2012年5月12日

夏空といへど遙かのみちのくは雪を戴く吾妻山見ゆ

Snow covered mountains / In the background of summer sky / Twilight of the Michinoku country


Wl120512

東北方面への出張で、今日は福島に前泊している。あまり写真を撮っている時間がなかったので、今日の写真はホテルの部屋から望んだ吾妻山だ。雪を戴いているのがわかるだろうか。

近頃は夕方の六時近くになっても明るくて写真が撮れるが、窓ガラスの斜めのワイヤーが映っているのはご愛敬。

昨日までの暖かさとはうって変わり、今日は涼しかったが、東北まで来ると肌寒いほどだ。半袖ポロシャツに夏用ジャケットで来てしまったのは、ちょっと失敗だったろうか。

明日は少しは暖かくなってくれるとありがたい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 業厚き娑婆より出でて立ちこめし黒雲は今日晴れむとするか | トップページ | 大空を映して青き海原が去年(こぞ)の弥生のあの海なりとは »

コメント

こんにちは!
吾妻山、懐かしいな。
そう、雪ですよね。福島の町は、雪なんか無くてもね~~

投稿: tokiko | 2012年5月19日 14時44分

tokiko さん:

福島にいたこともおありですか。

会津の方までいくと、結構な雪国ですよね。

投稿: tak | 2012年5月30日 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏空といへど遙かのみちのくは雪を戴く吾妻山見ゆ:

« 業厚き娑婆より出でて立ちこめし黒雲は今日晴れむとするか | トップページ | 大空を映して青き海原が去年(こぞ)の弥生のあの海なりとは »